マンション管理は計画性が大切!積み立てと修繕で長期経営

Posted by

マンション経営で欠かせない長期的視点

マンション経営をする上で欠かせないのがマンションを長期的に経営していこうという視点です。長期的に賃貸経営をして収入を得ていく必要があるのはローンを返済する必要があるからです。二十年、三十年といった期間でローンを組んでいることが多いでしょう。そのローンの返済に用いるのが家賃収入であり、長期間に渡って安定して手に入れることが大切です。そのためには常に入居者がいる状態を保ち、マンションを良好に保たなければなりません。

修繕の実施が欠かせないマンション管理

マンション経営を長期的に行えるようにするために重要なのがマンション自体を大切に扱っていくことです。老朽化が進まないようにするのが最も重要であり、適宜修繕を行うのが欠かせません。外壁塗装や屋根塗装を行ってマンションを守っていきましょう。耐用年数が近づいてきたら専門家に相談して修繕の時期を定めるのが良い方法です。自分で見回りをして外壁や屋根に汚れが目立つようになったり、ヒビが入っていないかを確認したりするのも大切でしょう。

計画性が大切な修繕資金の確保

マンションは建物自体が大きいことから修繕をするにも大きな費用がかかります。積み立てをしておくことが重要であり、マンションを手に入れたときに予め試算しておくと良いでしょう。多めに積み立てておけば心配はありませんが、無駄に費用をかけないようにするのもうまく経営するための戦略です。マンションを購入すると決めたら、その後の修繕計画を一緒に立てて、毎月どれだけ積み立てるかを考えてローンと一緒に毎月の経費として計算しておきましょう。

マンション経営のシステムは、管理会社の意向に大きく左右されることがあり、腕利きのスタッフと相談をしましょう。