札幌の暮らしを快適にするには行政区を調べることです

Posted by

札幌の10行政区で気象も違います

札幌市は広大な石狩平野にあります。小樽市に近い手稲区から、南区の定山渓まで車で走ると2時間近くかかります。四季がはっきりとしているため自然を感じる街ですが、夏が短く冬が長いという特徴があります。特に、冬に初めて暮らす人は戸惑うでしょう。気温は中央区と清田区で温度差が2℃前後ありますし、東区が猛吹雪でも豊平区は晴れているといった違いがあるのです。降雪量も違いがあるので、10区ある行政機関で調べることが無難です。

行政区によって特徴があります

明治の開拓時代に札幌の都市計画が始まりました。それが現在の中央区ですが人口が増えたのは昭和47年の札幌オリニピックからのことです。そのために、北海道の開拓を知るには中央区に住居を構えることです。人口が増えるに従い、郊外の農地が新興住宅として切り開かれていきました。10区の行政で生活が守られていますが、それぞれ経緯があり時代もズレがあるため、教育・医療・交通網などの整備に差があります。区役所に行くとわかりますので訪ねてみることです。

どのような暮らしをしたいのかで区を選ぶことです

札幌での暮らしをどのように考えているかで、行政区を選ぶのも良いでしょう。例えば、単身赴任で中央区に会社があるのであれば、中島公園の近くにあるマンションが便利で人気があります。ススキノに接しているので食べ物に不自由しません。マイカー通勤で子どもを自然の中で育てたいと思えば、定山渓温泉地の一戸建ても良いでしょう。広い公園のあるところで子どもを育てたいと思えば、南区の真駒内や東区のモエレ沼公園などもあります。

札幌に住むなら賃貸物件がおすすめです。駅近物件やお得な賃料の物件も札幌の賃貸ならいっぱいです。マンション・アパート・一戸建てと、希望のタイプに合わせて探すことができます。